スマート望遠鏡Vesperaによる撮影画像を紹介! -6- -形状に特徴のある散光星雲-

astoronomy

持ち運びや設置も手軽にできて、天体導入や撮影も簡敏にできる

スマート望遠鏡Vespera。

望遠鏡を観測地に設置し、アプリを操作するだけで、設定

、撮影を全て自動で行うスマート望遠鏡。

天体写真に興味を持つ初心者からベテランの方々に

いろいろなシチュエーションで使用できる可能性のある

望遠鏡です。

Vesperaユーザーの静岡県Jhosuaの撮影した天体写真を紹介します。

今回は、形状に特徴のある散光星雲の撮影画像を紹介します。

ブログ村ランキング参加中!応援クリックお願いします。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

NGC2359 トールの兜(かぶと)

NGC2359 撮影者 静岡県 Jhosua氏

おおいぬ座にある散光星雲です。

小型の散光星雲ですが、独特の形状で、北欧神話のトール神がかぶる

両角の生えたヘルメットの形に似ていることから「トールの兜(かぶ

と)」と呼ばれます。

天体写真家に好まれる撮影対象です。

Vesperaの撮影画像には、星雲の微細な色とヘルメットの独特の形状が

描写されています。

NGC7635 バブル星雲

 NGC7635 撮影者 静岡県 Jhosua氏

カシオペア座にある散光星雲。M52の散開星団のそばにありますが、

淡く見にくい星雲です。

散光星雲の中心部にシャボン玉のような星雲の広がりがあります。

これは、泡の中央部にある8.7等級の恒星があり、この恒星は高温、

大質量でそこから吹き出されたガスの広がりが見えているとの事

です。

こちらも散光星雲の色と微細な構造、特徴的なバブルの広がりも

撮影されております

関連記事リンク

スマート望遠鏡Vesperaによる電子観望を体感しました!

マート望遠鏡Vesperaによる撮影画像を紹介します! -1― 

淡い散光星雲の光を見事に表現!

まとめ

光害の多い市街地でも、深宇宙を手軽に楽しめる

スマート望遠鏡Vespera。

今回は、形状に特徴のある散光星雲を紹介しました。 

画像の掲載許可を頂いたJhosua氏に誌面にて感謝します。

次回も引き続きVesperaによる天体写真を介します。

私の今までの仕事や趣味の天文活動で得た専門知識や経験を用いて科学や天文学について、楽しくお話して行きます。医学博士、アマチュア天文家 

SHOをフォローする
astoronomy
スポンサーリンク
SHOをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました