速報!レナード彗星がバーストを繰り返し明るく尾が大きく伸びている

astoronomy

レナード彗星がバーストを繰り返しているため

明るく尾も伸びているようです。

気になるレナード彗星の最新の姿です。

アウトバーストを繰り返すレナード彗星

レナード彗星は、12月12日に地球に近づいた後の12月18日金星に

接近しております。

惑星と彗星の位置関係をシュミレーションすると18日に金星と

彗星がかなり接近した位置関係にあります。

バーストは、18日以降に起きていますので、彗星と金星との

接近時に強い引力の影響があったのかもしれません。

変化するコマの形状

静岡県のK氏がレナード彗星の頭部を撮影の時系列に

並べた画像を作成しました。

K氏のコメントには

彗星頭部を拡大して並べてみました。

昨夜は尾が良く伸びたようですが、

太陽に近づいて、バーストを繰り返している様に思われます。

12/20は核部分から右上に明い部分が伸びてます。噴出物で

しょうか。(左下は星です)

12/22頭部が膨らみ、尾も成長しました。

12/23再び核部分が明るくなってます。

12/25頭部と尾がまた膨らんでいます。

近日点通過は1/3ですので、まだまだ何が起こるか楽しみな

彗星です

機材:EF400mm(F2.8)+EOS5D2 露出:2~4s 

ISO=1600

彗星のアウトバーストは一説によると何らかの影響で、

彗星の核の外郭表層部が全周ではがれ落ちる現象が起きて

その時に阪神淡路大震災クラスの強力な磁場エネルギーが発生して

彗星が発光するという説があります。

コマの光が中心に集まって小さく強く集光したり、コマ周辺に

ガス状の光が広がってきたり、コマの形状が不規則になるのも

彗星のコマ内で前述した現象が起きている過程の様子を

見ているのかもしれません。

いずれにしても、彗星は不思議な天体です。

12月25日のレナード彗星

静岡県のT氏が12月5日にレナード彗星の写真撮影に成功

しております。

撮影場所の条件にもよりますが、コマは明るく尾が伸びて

いるのがわかります。

静岡県T氏の撮影時のコメントです

昨日、日中は雲が多くて彗星は無理と諦めていたところ空を

見ると南方向の雲がとれ青空が見えているではないですか。

あわてて帰宅し天竜川河口に到着したのが17:20。風が強い中、

何で撮ろうか迷った挙句GPよりは頑丈なSXPにFC76を

載せました。

液晶画面を見ていると星があっちこち飛び回っています。

長い露光はできないので超高感度短時間露出。

それでもブレブレなので結局風上に立ってジャンバー広げて

風を防ぎ撮影しました。

画像は荒れ荒れですが尾の形状が現れました。

やはり海岸に来て光害のない海の上の方が写りは良いです。

思ったより長い尾が伸びているようで久しぶりの彗星らしい姿

に写りました。

風景は18:00 タムロン70-200mmF2.8→135mmF4 

ISO10000 2s×21枚seq EOS6D(N) 三脚固定

拡大は18:01 FC76 ×0.75Re F5.9(FL450mm)

 ISO16000 2s×21枚 EOS6D(HKIR) SXP自動

彗星の拡大にはイメージサークルの大きい明るい光学系が

欲しいですね。

まとめ

繰り返しバースト現象を起こし明るくなっている

レナード彗星の続報です。

また彗星の頭部を時系列で見るとコマの形状や明るさが

変化しているのが分かります。

これから1月3日に近日点を通過する予定です。

今後の動向が楽しみです。

ランキング参加中、応援クリックお願いします

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

広告

私のこれまでの仕事や趣味の天文活動で得た専門知識や経験を用いて科学や天文学について、楽しくお話して行こうと思います。よろしくお願いします。

SHOをフォローする
astoronomy
SHOをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました