天の川銀河のブラックホールの撮影に成功!ブラックホールの可視化成功は2例目になる

astoronomy

国立天文台など日本を含めた国際チーム(EHT:イベント・ホライゾン・テレスコー

プ)が、我々の地球や太陽系が属する天の川銀河の中心に存在するいて座Aのブラッ

クホールの輪郭の可視化に成功しました。

今回のブラックホールは前回のM87銀河のブラックホールに比較して質量が小さく、

周囲のガスが目まぐるしく移動するため鮮明な画像の取得がむつかしかったようです。

日本の研究者チームはデータ分析や画像処理においてその可視化に貢献したそうです。

ブログによる情報発信を今後も継続します。読者皆様の応援クリックお願いします。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

M87銀河に続く2例目の快挙

国際観測チーム(EHT:イベント・ホライゾン・テレスコープ)は、

2019年に5500万光年にあるM87銀河にあるブラックホールの輪郭

の撮影に成功しており、今回はそれに続く2例目の快挙になります。

いて座Aは、銀河系の中心方向にあり、地球から2万7000光年先

にあるM87銀河と比較すれば、地球に大変近い位置に存在する

ブラックホールですが、質量は、M87銀河のブラックホールに比べて

大変小さく、周囲のガス移動が著しく変化するため観測は困難との

事でした。

日本の研究者チームはデータ分析や画像処理においてその可視化に

貢献したそうです。

関連記事リンク

天の川銀河の中心にある巨大ブラックホール、初めて撮影…太陽の400万倍の質量

読売新聞ウエブ版より 

いて座Aが天の川銀河のどこにあるのかシュミレーション動画でわかりやすく解説

しております。

いて座A*へ: 天の川銀河のブラックホールへズームイン / Meet Sgr A*: Zooming

into the black hole at the centre of our galaxy 

かみのけ座-おとめ座銀河群!ここが史上初のブラックホールの発見現場

ブラックホールの可視化

ブラックホールは、大変強力な重力のある場所で、光さえもその重力で

閉じ込めてしまう。

そのため、ブラックホールそのものは、見ることができない。

観測チームは、世界中の電波望遠鏡をネットワークにしてこのブラック

ホールの周囲に集まる光やガスを捉える事で中心部の黒い穴を浮かび上

がらせる事に成功しました。

関連記事リンク

【研究成果】イベント・ホライズン・テレスコープ・プロジェクト

M87 ブラックホールごく近傍の磁場の画像化に成功 広島大学ホームページ 

謎だらけのブラックホール

ブラックホールは、20世紀初めにアインシュタインの一般相対理論

が、発表され、その理論に基づき、別の研究者が、論理的に

存在を予想したものです。

しかし、天文学者の間でもその存在を否定する人も多かったようです。

その後、太陽に近い星が太陽の重力による歪みにより観測位置の変化

が実際に観測できたり、遠方銀河の重力レンズ効果が、実際に

観測され、重力により光の歪みが起こる事が証明されていきました。

そして、1970年代に6千光年先の白鳥座X1にて強力な電波源

が観測され、それは、ブラックホールから発生しているという

事がわかるようになりました

2016年には、重力波も観測にも成功しました。

そして、今回、2例目のブラックホールの可視化に成功しました。

しかし、ブラックホールはまだまだ、謎だらけの天体です。

例えば、ブラックホールは、外側に噴出する「ジェット」という

現象が観測されます。

この「ジェット」が生じる仕組みも解明されておりません。

まとめ

国立天文台など日本を含めた国際チームが、我々の地球や太陽系が

属する天の川銀河の中心に存在するいて座Aのブラックホールの輪郭

の可視化に成功しました。

今回のブラックホールは質量が小さく、周囲のガスが目まぐるしく移動

するため鮮明な画像の取得がむつかしかったようです。

日本の研究者チームはデータ分析や画像処理によりその可視化に貢献しました。

しかし、ブラックホールについては、謎が多く今後の更なる観測や研究の

発表が楽しみです。

参考文献及び引用文献

静岡新聞 2022年5月13日朝刊 「天の川銀河にブラックホール撮影」

スポンサーサイト

私のこれまでの仕事や趣味の天文活動で得た専門知識や経験を用いて科学や天文学について、楽しくお話して行こうと思います。よろしくお願いします。

SHOをフォローする
astoronomy
SHOをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました