遠州天体写真愛好会主催の写真展の作品を紹介します -5- 絵画のような幻想的な星空と風景の天体写真

astoronomy

昨年、開催された遠州天体写真愛好会の写真展では、地元の

アマチュア天文家の力作が勢ぞろいしておりました。

今回は、遠州天体写真愛好会代表の田代さんによる地元の風景と

星空をコラボレーションした絵画のように美しい天体写真を

紹介します。

今後もブログで情報発信を継続します。応援クリックお願いします。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

天に昇る

田代 貞

竜洋海洋公園の中心にあるモニュメントです。形は天に昇る龍をモチーフにしたと思われます。

また見方によっては天竜川の流れとも見えます。

ステンレスの板で覆れ太陽を反射して輝くシンボリックな姿はとても印象的です。
         

<作者より>

近くにある体育館の消灯を待って撮影を始めました。

日周運動の中心(天の北極)に龍の口を向け8秒露出で30分間連続撮影した約200枚

を比較明合成して星の動きを表しています。

モニュメントは磨かれたステンレスで覆われているので動いていく星の反射で龍の体におもしろい

模様が現れました。

感度を下げて長時間撮影した1枚撮りではこのような明瞭な模様は写りません。比較明合成の特徴を

生かせたと思います。

<撮影データ>
撮影日時  2020年10月25日 00時23分~53分

露出         8秒×212枚比較明合成   

絞り     2.8  ISO 2500          

カメラ       CANON EOS6D    (HKIR改造)     

光学系        タムロンSP 70-200mm F2.8 Di VC USD 70mmで使用      

撮影システム 三脚固定  

現像システム   フォトショップCC他  

印画システム  CANON ip7830 画彩PROペーパー    

撮影地       磐田市竜洋海浜公園            

  

夜桜出世城

田代 貞
浜松城は天下統一を成し遂げた家康の居城、出世城の別名があります。

浜松城一帯は公園となっていて桜の名所ですが意外と星空撮影のポイ
ントがありません。

思い切って天守曲輪に入り桜とのツーショット。ライトアップ終了後の
撮影です。  

<作者より>   

浜松城は浜松の中心地にあり街明かり(光害)がきついです。

この日は月がないにもかかわらず肉眼で2~3等星が見える程度です。

そのような場所では当然星を目立たせるため比較明合成に頼ることになります。

小高い丘ににあっても撮影位置によっては高層ビルの明かりが入るのでアングル
を決めるのに手こずりました。

深夜というのに時々散歩する人が訪れていました。

<撮影データ>

撮影日時  2020年 3月26日 23時12分~47分   
露出   10秒×188枚比較明合成      
絞り  5.6  ISO 800     
カメラ  CANON EOS6D    (HKIR改造)    
光学系  タムロンSP 15-30mm F2.8 Di VC USD 17mmで使用  
撮影システム 三脚固定 
画像処理  フォトショップCC他
印画システム CANON ip7830 画彩PROペーパー
  
撮影地  浜松市中区 

関連記事リンク

昨年開催された地元の天体写真展!会場を彩った天体写真をweb上で鑑賞できます

州天体写真愛好会主催の写真展の作品を紹介します -3-  

絵画のような幻想的な星空と風景の天体写真

今回は、昨年の遠天主催の写真展の作品の中から遠天代表の田代さんの

作品を紹介しました。

次回も引き続き田代さんの力作を紹介したいと思います。

当ブログでの掲載及び紹介を快く了承して頂きました田代さんに

この場で御礼申し上げます。

浜松市天文台の一般観望会の様子について

浜松市天文台の一般観望会の様子が、天文台のフェイスブック

で見ることができます。

本日(5月12日(土))は、一般観望会の開催日です。

雲が多そうですが、晴れて星が見られるといいですね。

5月6日に開催されました親子天文教室は、盛況だったようです。

薄曇りでしたが、月のクレーターの観察もできたようです。

天文台人気の天文教室です。

浜松市天文台の観望会の様子も当ブログで今後、紹介したい

と思います。

浜松市天文台 フェイスブック

 

スポンサーサイト


私のこれまでの仕事や趣味の天文活動で得た専門知識や経験を用いて科学や天文学について、楽しくお話して行こうと思います。よろしくお願いします。

SHOをフォローする
astoronomy
SHOをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました