2024年に二つの彗星が明るく見えると期待されている! -ポン・ブルックス彗星と紫金山・アトラス彗星-

astoronomy

突然、夜空に出現し長い尾を引く彗星は、神秘的で不思議な

魅力があります。

2024年には、二つの彗星が明るく見えると期待されており

ます

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

3月~4月 ポン・ブルックス彗星が見ごろに

ポン・ブルックス彗星は、2023年7月20日に突然、バーストを起こし

話題となりました。

この彗星は、2024年4月21日に近日点を通過し、太陽に0.78天文単位

まで、接近するようです。

日本からは、近日点通過前の3月から4月前半が見やすく、夕方の

低空に5等級の明るさで見えると予想されております。

望遠鏡や双眼鏡で尾を伸ばした彗星が見えそうです。

この彗星は、昨年10月5日、11月1日にアウトバーストを起こしているので

予想以上に明るく見える可能性もあるようです。

9~11月 紫金山・アトラス彗星が見ごろに

紫金山・アトラス彗星は、2023年1月9日に発見された新彗星です。

この彗星は、2024年9月28日には、太陽に0.39天文単位まで

接近し、10月13日には、地球に0.47天文単位まで、接近すると

予想されております。

8月には、肉眼彗星で見える明るさになり、9月から10月の

日没後と明け方に最もよく見えるとの事です。

予報光度は、3等級から-5等級と幅広くマイナス等級に

なればひさしぶりの大彗星となる可能性があります。

参考及び引用文献

月刊天文ガイド2024年1月号 誠文堂新光社 

関連記事

大きな可能性がある新彗星C/2023 A3 (Tsuchinshan-ATLAS)

期待の彗星!流星群!1等星食!2024年おすすめ天文現象10選

アストロアーツ

まとめ

2024年は、二つの彗星が、明るく見えると期待されております。

3から4月にはボン・ブルックス彗星が、5等級の明るさで

、9月から10月には、紫金山・アトラス彗星が、最大-5等級の

明るさの大彗星になるのではと予想されております。

予報通りの明るさになると期待しましょう。

この彗星の実際の見え方や様子は、今後このブログで

お伝えする予定です。

スポンサーサイト

SHO

私の今までの仕事や趣味の天文活動で得た専門知識や経験を用いて科学や天文学について、楽しくお話して行きます。医学博士、アマチュア天文家 

SHOをフォローする
astoronomy
スポンサーリンク
SHOをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました