受動喫煙者の肺がんに「特有の遺伝子変異」が見つかる! -国立がんセンターが発表-

health

今回は、健康ブログ、科学ライフがテーマ! 

ここでは、読者皆様の健康管理の知識に役立つ最新の医療情報を

紹介しております。

現在は、医学とコンピューターの進歩で、遺伝子解析の研究が、

めざましい勢いで、研究成果が続々と発表されています。

受動喫煙者の肺がんでは、喫煙者の肺がんとは、異なる型の遺伝子

変異が発生して、肺がんのがん化を促進している可能性があること

わかりました。

この結果を4月16日に国立がん研究センターが発表した。

チームは、この研究を「受動喫煙を防ぐ対策の必要性を

示す結果だ。」としている。 

ブログ村ランキング参加中!応援クリックお願いします。

にほんブログ村 科学ブログ 科学ライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

受動喫煙を受けて肺がんになった女性を調査

研究チームは、10~30才代のいずれかに受動喫煙を受けて

肺がんになった女性213人のがんを遺伝子解析を行った。

その結果、受動喫煙を受けなかった人にくらべて遺伝子変異が

約1.1倍多く蓄積していた。

毎日受動喫煙していた64人を詳しく調べると特に初期の腫瘍が

悪性化するのを促す「APOBEC」という型の遺伝子変異の割合

が受動喫煙を受けなかった人の約2.1倍と多かったという。

この型の変異が多いと抗がん剤が効かなくなる等治療経過が悪く

なる傾向があるという。

喫煙者の肺がんでは、この型の変異がほとんど確認できなかった。

 肺がんの遺伝子解析 受動喫煙なしを1として比較    国立がん研究センターによる 

「APOBEC」の遺伝子変異について

チームは受動喫煙を受けると肺に炎症が起きてAPOBEC型の

変異が起き、蓄積し行き、腫瘍細胞が付近一になり、がん化

を促している可能性があるという。

受動喫煙は、肺がんを引き起こすリスクを1.3倍に高めること

が、判明したが、具体的な遺伝子変異の関わり、がん化の

プロセスはわかっていない。

受動喫煙の健康影響

たばこの煙には、ニコチン、タール、一酸化炭素等の有害物質

が含まれ、約70種の発がん物質が含まれている。

喫煙者の周りにいる人が吸い込む副流煙にもこうした物質が含

まれる。

受動喫煙は、成人の肺がん心筋梗塞、脳卒中子供の小児ぜんそく

、乳幼児突然死症候群のリスクが高まるという

日本政府は、2020年施行の改正健康増進法で受動喫煙対策を強化

学校や病院、行政機関は原則敷地内は、禁煙に、飲食店などは、

原則屋内禁煙となっているが既存の小規模店などは喫煙可能の

店も多く対応が不十分との指摘もあるそうです。

まとめ

受動喫煙者の肺がんでは、喫煙者とは、異なる型の遺伝子変異が

発生して、肺がんのがん化を促進している可能性があることわかり

ました。

この結果を4月16日に国立がん研究センターが発表した。

チームは、この研究を「受動喫煙を防ぐ対策の必要性を示す結果だ。

」としています。

学校や病院、行政機関等は、原則敷地内禁煙となっているが、

既存の小規模店では、喫煙可能な店が多く対策が不十分な状態という。

参考及び引用文献

静岡新聞 受動喫煙肺がん「変異」で悪化か 202年4月16日

関連記事リンク

受動喫煙が肺がんの遺伝子変異を誘発することを証明 

受動喫煙あお回避することの必要性を肺がんの発症機構からも確認

国立がん研究センター 

スポンサーサイト

ドメイン取得とホームページ作成には

取り扱い400種類以上のドメイン取得サービス─ムームードメイン─

ブログ作成には

ロリポップのお得なキャンペーンをチェック

SHO

私の今までの仕事や趣味の天文活動で得た専門知識や経験を用いて科学や天文学について、楽しくお話して行きます。医学博士、アマチュア天文家 

SHOをフォローする
health
スポンサーリンク
SHOをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました