新型コロナ疑い患者の救急搬送に遅れが! -抗原検査キットの自己検査の必要性について!-

medical

今回は科学ライフをテーマに紹介します。 

新型コロナウイルス感染疑いのある患者の搬送に時間がかかる例が各地で

相次いでいるといいます。

大分では8月にコロナウイルス感染を疑われた女性が11病院に受け入れを

断られ、翌日死亡した事例があったとの事です。

これから、「第8波」の流行とインフルエンザの同時流行が懸念される中、

各自治体が対策を模索しております。

栃木では、迅速な搬送につなげるため、抗原検査キットを救急車に配備する

取り組みを始めたといいます。

関連して各個人でできる同時流行に向けての対策として、新型コロナウイルス

抗原の迅速診断キットの自己購入についてもお話しようと思います。

にほんブログ村 科学ブログ 科学ライフへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コロナ感染の陰性を確認する必要性について

10月大分県議会の特別委員会で、今夏の「第7波」の医療現場の状況を

振り返った大分三愛メデイカルセンター(大分市)の三島康典理事長は、

8月に起きた感染疑いの搬送事例を挙げ、

「早くコロナ感染陰性が分かれば対応できる病院も

あったのでは。」と指摘した!

大分県によると、女性は熱があり、コロナ病棟に空きがないことなどを理由

に11病院に受け入れを断れ、1時間42分後に同センターに搬送され検査で

陰性が判明した。

女性はさらに別の病院に転院になったが、翌日、重度の熱中症で死亡した。

大分県の担当者は「どうしたら再発防止できるか対策を検討中」と話した。

コロナ感染の影響で救急搬送困難事例が増加

オミクロン株が主流の第7波では、搬送先の決まらない「緊急搬送困難事案」が

増加。

総務省消防庁によると、全国52消防本部では、「救急隊による医療機関への

受け入れ紹介4回以上」かつ「現場滞在時間30分以上」の事案が、8月8~14日

の1週間で計6747件と過去最多になったという。

栃木では、救急車に抗原検査キットを配備!

事態を重く見た栃木県では、迅速な搬送につなげようと、救急車に抗原検査キット

を配備する取り組みを実験的に開始。

消防庁によると「全国的にも珍しい取り組み」だという

搬送者から直接検体採取するのは医療行為に当たり、救急隊員は行えない。

法的な問題がないように医師から電話などで指示を受け、救急車内で搬送車本人が

採取を行う。

宇都宮消防局では22日までに9件の利用があり、7件の陰性が判明。

コロナ病床のない病院に搬送できたという。

国際医療福祉大成田病院(千葉県成田市)救急科部長の志賀隆主任教授は、コロナ

疑いのある搬送者の受け入れを断るのは「非常に心苦しい」とこぼす。

検査キットの導入は各関係機関の理解を得るなどハードルがあると指摘しつつ

「現状では一番いいやり方などではないか」と話した。

参考及び引用文献

静岡新聞 2022年12月1日 コロナ疑い患者 各地で搬送遅れ

各個人でも同時流行に備え抗原検査キットの準備をしよう

今年の冬は、今夏のオーストラリアのインフルエンザの流行があった事と

「第8波」の流行の二つの同時流行が懸念されております。

今後、発熱外来等の医療機関に多数の患者が受診し、切迫する事が

懸念されております。

各個人でできる対策として、新型コロナウイルス感染症、季節型

インフルエンザウイルス感染症のワクチン接種と解熱剤の準備に

加え、新型コロナウイルス抗原検査キットの購入をお勧めします。

今年の8月に医療機関の負担を軽減するため、抗原検査キットの

自己購入が解禁されました。

もし、発熱した場合、この検査キットで新型コロナの感染の有無を

知ることで、医療機関の負担軽減やコロナ感染疑いで受診を断られる事が

なくなる等のメリットがあります

抗原検査キットは近くの薬局で購入できるほか、ネットでも購入できます。

私のおすすめする抗原検査キットについて下記に紹介しますので、

よろしければご利用下さい。

新型コロナウイルス抗原検査キットの紹介

厚生労働省承認/第一類医薬品の記名がある商品を選びましょう。





アマゾンでの購入先もリンクします

抗原検査キットの使用方法等詳しい記事は、こちらを参考にしてください

新型コロナウイルス抗原検査キットのセルフチェックについて! 

―新型コロナウイルス感染症と季節型インフルエンザ感染症同時感染に備えてー

私も抗原検査キットを数キット購入して今後の発熱時の対応の準備をしておきました。

政府は、今後新型コロナ感染とインフルエンザ感染の二つの抗原を同時に測定できる

検査キットも個人購入できるようにしたらいいのではないかと検討しております。

こちらの方も具体的な動きがありましたら紹介したいと思います。

まとめ

今年の夏、コロナ疑い患者の救急搬送に遅れが生じ、亡くなった患者さんが

おりました。

その対策として救急車に抗原検査キットを配備する県もあるといいます。

関連して今年の冬、新型コロナ感染とインフルエンザ感染の同時流行が

懸念されております。

その対策として各個人で、抗原検査キットの購入準備をおすすめするお話を

紹介しました。

読者皆さんに少しでも役に立つ情報を発信できたらと思います。

スポンサーサイト

私のこれまでの仕事や趣味の天文活動で得た専門知識や経験を用いて科学や天文学について、楽しくお話して行こうと思います。よろしくお願いします。

SHOをフォローする
medical
SHOをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました