板垣氏が、M101(回転花火)銀河に超新星を発見! ―今年、最も明るい超新星ー

astoronomy

山形県の板垣公一氏が5月19日におおぐま座のM101(回転花火銀河)に

超新星(SN2023ixf)を発見しました。

発見時14.9等でしたが、急激に増光して12等台の明るさで見えている。

小口径望遠鏡でも観測できる明るさです。

タイトル画像は超新星発見画像ではありません。 

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

板垣氏がM101に超新星発見

山形県の板垣公一氏は、5月19日17時27分(日本時間20日2時27分)に、

おおぐま座にある系外銀河M101に14.9等の超新星を発見しました。

国際天文連合の天文中央電報局の報告から40分後にカナリア諸島にある

ラパルマ天文台のリバプール望遠鏡にて分光観測が行われ、Ⅱ型超新星で

あることが確認されました。

スピッツアー」宇宙望遠鏡にて、2004年から2019年に撮影した中間

赤外線画像によると爆発前の赤色巨星と思われる天体があったとの事。

この赤色巨星は、太陽の15倍の質量になるようです。

発見後、この超新星は、12等台まで、明るくなっております。

星雲本体も明るく、小口径望遠鏡でも十分観測できる対象です。

良いの北天に高く見える位置にあり、超新星を観測するには、好対象です。

参考文献および引用文献

板垣さん、回転花火銀河に明るい超新星を発見 アストロアーツ

地球から2100万光年くらい離れた銀河M101で重力崩壊型超新星 SN2023ixf が

発生したみたいで、いろんなものが観測できるかも? 

AKIMOTO Yuki/秋本由祐希 HiggsTan 

5/23のM101と超新星(SN2023ixf) 天文バカボン山形支部  

まとめ

山形県の板垣公一氏が、おおぐま座のM101(回転花火銀河)に14.9等の

超新星を発見しました。

この超新星は、12等台に増光しております。

小口径望遠鏡でも観測できる好対象の超新星になります。

スポンサーサイト

SHO

私の今までの仕事や趣味の天文活動で得た専門知識や経験を用いて科学や天文学について、楽しくお話して行きます。医学博士、アマチュア天文家 

SHOをフォローする
astoronomy
スポンサーリンク
SHOをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました