遠州天体写真愛好会主催の写真展作品を紹介 -8- 絵画のような幻想的な星空と風景!

astoronomy

毎年、定期的に開催されます遠州天体写真愛好会の写真展は、地元の

アマチュア天文家の秀作が勢ぞろいしており、好評です。

その展示作品をこのブログ上で紹介します。

今回も、引き続き遠州天体写真愛好会代表の田代さんによる地元の風景と

星空をコラボレーションした絵画のように美しい天体写真を紹介します。

今後もブログで情報発信を継続します。応援クリックお願いします。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

アクトに昇るブルームーン

田代 貞

ブルームーンとはひと月に2度ある満月のうち2度目の満月を言います。

この月は10月2日に満月があったのです。実は名前のように決して月が青く
見えるわけではありません。

むしろ、実際には月の出は超低空のため淡いピンクや赤い月に見えることが
多いです。

2021年にはブルームーンは1回もなく、次回は2023年8月31日となり
珍しい現象です。

今回はハロウィンにも重なりました。  

<作者より>  
 今日は土曜、満月、天気良し、出動!と友人と浜名湖まで出かけました。

アクトタワーから昇る満月を撮るため湖西市の海釣り公園に機材をセットし
月の出を待ちました。

事前に位置を調べていたものの10m程度の誤差でも月の位置が変わってしまう
ので月がアクトに重なった時はほっとしたことを覚えています。
撮影は強拡大のため望遠鏡を使用しました。

<撮影データ>
撮影日時   2020年10月31日 17時07分   
露出     1/100秒    
絞り      F7.9 ISO 1600
カメラ    CANON EOS6D (HKIR改造)
光学系    タカハシFC76屈折 FL600mm  F7.9
撮影システム  三脚固定 
画像処理   フォトショップCC他            
印画システム  CANON ip7830 画彩PROペーパー 
撮影地     湖西市海釣公園

     

4月こと座流星群と天の川

田代 貞

こと座流星群は毎年4月下旬に現れる流星群で1時間に5~10個の流星が見られます。

夏のペルセウス群や冬のふたご群に比べ出現数が少ないのであまり見ることのない

流星群です。

輻射点はベガ(おりひめ)の近くにあるので流れる方向がわかりやすいです。

当日は月が沈む03時過ぎからが観察の好機でした。

 <作者より>

この流星群は輻射点がこと座にあるので夏の天の川と一緒に撮ることが出来ます。

空の暗い所で撮りたかったのですが移動時間が無かったため近場で撮影となりました。

ここは秋葉山上社に向かう天竜川の橋。河原から見上げた景色です。

運良く車のライトで赤い橋が浮き立ちました。

<撮影データ>

撮影日時     2020年 4月23日 03時45分   

露出          15秒     

絞り      2.8  ISO 3200         

カメラ       CANON EOS6D    (HKIR改造)     

光学系        シグマ 14-24mm F2.8 DG HSM Art  14mmで使用

撮影システム   三脚固定 

現像システム   フォトショップCC他 

印画システム   CANON ip7830 画彩PROペーパー   

撮影地        浜松市天竜区    

まとめ

遠天主催の写真展の作品の中から遠天代表の田代さんの

作品を紹介しました。

地元のなじみ深い風景と星空のコラボレーションが、

素晴らしいですね。

次回も引き続き田代さんの秀作を紹介したいと思います。

当ブログでの掲載及び紹介を快く了承して頂きました田代さんに

この場で御礼申し上げます

スポンサーサイト

SHO

私の今までの仕事や趣味の天文活動で得た専門知識や経験を用いて科学や天文学について、楽しくお話して行きます。医学博士、アマチュア天文家 

SHOをフォローする
astoronomy
スポンサーリンク
SHOをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました