明け方の東天に惑星が集合している!主要な惑星を一度に見るチャンスです。

astoronomy

明け方の東天に明るい惑星が集合している。

明けの明星の金星をはじめ土星、火星がすぐそばに集合している。

次第に木星や海王星も追従して東の空に上ってきます。

早起きして、一度に主要な惑星を見るチャンスです。

この大集合は、5月末まで続きます。 

ブログでの情報発信今後も継続します。読者皆さんの応援クリックお願いします。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

4月になり3惑星が大接近中

4月1日の明け方からやぎ座とみずがめ座を背景に北側から金星・土星・火星が約3°の

間隔で均等に並んでいる。

4月3から5日には金星・火星・土星がほぼ一直線上に並んだ。

更に4月5日には火星と土星が18′まで接近しました。

満月の直径が約30′なのでその大きさより小さい事になります。

小望遠鏡の中倍率で同一視野に見る事ができる。

4月9日と10日に実際に明け方の東天方向を見る事が出来た。

4時頃になると東の空に土星と火星が直線上にならんでいる。

15cmフジノン双眼鏡25倍で見るとぎりぎり土星と火星が

同一視野に入る。

土星が0.9等、火星が1.0等の明るさで、土星は15.8″の大きさで

双眼鏡でも本体と取り巻く環が見える。

火星は5.2″と小さく赤色を帯びているのはよくわかる。

同一視野で見ると二つの惑星の違いが対比できておもしろい。

やや離れて金星が見えます。

光度は-4.3等と最も明るくし直径が21.8″と大きく半月状の姿で

良く見える。

さらに遅れて東天の低い位置に-1.9等の木星と8.0等の海王星

が上って来ます。

関連記事リンク

2022年4月上旬 火星と土星が大接近 アストロアーツ

火星と土星の接近 2022年4月5日 アストロアーツ 

木星と海王星が大接近する

明け方の低空で木星と海王星がニアミスを起こします。

4月12日23時48分に6.0′まで接近します。

4月28日に起こる金星と海王星の大接近25.0′に次ぐ

大接近になります。

以前紹介した北斗七星のミザールとアルコルは12.0′の距離で

離れているのでその半分の距離まで接近する事になる

見頃は、4月12日から13日です。

しかし、東の低空になり、光度差も大きく実際には、むつかしい

観測になりそうです。

明るい木星が目印になり、海王星を見る絶好の機会になります。

 4月12日 4時34分 望遠鏡で見た木星と海王星の位置関係 中央やや上が木星と四大衛星左下の青白い星が海王星

5つの惑星が直線上に並ぶ光景が見れる

4月18日の4時10分頃に東天を見ると北から木星(-2.1等)、海王星(7.9等)、

金星(-4.2等)、火星(1.0等)、土星(0.8等)が直線上に並んで見える。

肉眼でも4惑星が直線上に並んだ光景が見られる。

惑星を見たことがない方も是非この機会にご覧になって下さい。

肉眼、双眼鏡、小望遠鏡いずれでも楽しめます。

 4月18日の4時10分頃 東天 北から木星(-2.1等)、金星(-4.2等)、火星(1.0等)、土星(0.8等)が直線上に並んで見える。

まとめ

4月になり明け方の東天に明るい惑星が集合している。

現在、明け方の東天方向に土星、火星、金星が並びやや遅れて

木星が上って見える。

4月12日から13日には、木星と海王星が大接近。

4月18日には、土星、火星、金星、木星が直線上に並ぶ光景

が見れます。

参考文献および引用文献 月刊天文ガイド 4月号2022年 P3-7 

スポンサーサイト

私のこれまでの仕事や趣味の天文活動で得た専門知識や経験を用いて科学や天文学について、楽しくお話して行こうと思います。よろしくお願いします。

SHOをフォローする
astoronomy
SHOをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました