新型コロナウイルス抗原検査キットのセルフチェックについて! ―新型コロナウイルス感染症と季節型インフルエンザ感染症同時感染に備えてー

medical

ひさしぶりに科学ライフの投稿をします。

少しずつ寒くなりました。

これからグッと気温が下がり本格的な冬になると思います。

この冬は、新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザ

ウイルス感染症の同時流行が危惧されております。

このふたつが、同時流行した場合、発熱外来等の医療機関

に多くの患者が受診する事になり、大混雑が起こり医療機関

にかかりにくくなる可能性があります。

更に同時流行が、実際に起こると医療のひっ迫が起こりうる

事になります。

この同時流行にそなえ、厚生労働省は、各個人で、新型コロナ

ウイルスワクチン接種とインフルエンザワクチンの接種を行う

事と新型コロナウイルス抗原迅速検査キットの購入と解熱鎮痛薬の

準備を推奨しております。

今回は、この新型コロナウイルス抗原迅速キットの

購入と使用についてわかる範囲でご紹介したいと思います。

にほんブログ村 科学ブログ 科学ライフへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

新型コロナウイルス抗原検査の必要性について

今年の冬は、新型コロナウイルス感染症と共に季節型インフルエンザ

ウイルス感染症の同時流行が起こるのではないかと危惧されております。

これは、夏の時期にオーストラリアで、大流行したためで、冬季には

日本でもインフルエンザ感染症の流行が起こるのではと危惧されて

おります。

個人でできる対策として、新型コロナウイルス感染症と季節型インフル

エンザウイルスのワクチン接種を事前に接種しておく事解熱鎮痛薬の準備

更に新型コロナウイルス抗原検査キットの購入を推奨してます。

これは、発熱した場合、自分自身で新型コロナウイルス抗原の有無を検査

する事で発熱外来等の医療機関のひっ迫を軽減したい狙いがあります。

抗原検査とは

抗原定性検査とは、新型コロナウイルスに含まれるたんぱく質抗原を

検出する検査法です。

鼻腔から採取した検体に新型ウイルス抗原が含まれていると抗原抗体反応が

起こりウイルスの存在を検出できる仕組みです。

検査方法が簡単で、短時間で測定できる利点があります。

PCR検査は、ウイルスの遺伝子を増幅させて検査するため、感度や特異性が

高いのですが、検査設備や測定に時間がかかるため、セルフチェックには、抗原

定性検査の方が手軽にできます。

抗原検査キットの購入について

検査キットは、薬局で購入する事ができます

薬局で、抗原検査キットの購入を希望すれば薬剤師さんが購入の対応を

してくれます。

医療機関のひっ迫をやわらげるため、2022年8月31日よりインターネットでの購入も

可能になりました。

インターネットの購入においても薬剤師の商品説明や使用可否の対応及びきめ細やかな

購入サポートが準備されているようです。

購入の際の注意点は、体外診断用医薬品として国が承認した抗原定性検査キットと国の承認

を受けていない研究用の抗原定性検査キットがあります。

国が承認した抗原定性キットは、「対外診断用医薬品」、「第1類医薬品」が明記されており、

性能は医療現場で使用されている同等のものになります。

購入の際は、「研究用」ではなく前述の表示の規格を選びましょう。

おすすめの抗原定性キットについては、「対外診断用医薬品」、「第1類医薬品」が明記され

ておれば、性能は保証されております。

ここでは、ロシュダイアグノステックスやシーメンスは、実際の医療現場でも使用されて

おりますので、参考までに下記に紹介リンクします。

参考にしてください




抗原検査キットの使用方法について

使用方法の手順としては、鼻腔に採取用ブラシを挿入して鼻腔粘膜を

擦り取ります。

① 調整液のチューブの中で採取したブラシをよく洗い落とします。

② 調整液のチューブに滴下用の蓋をします

③ 調整液をテストデバイスに必要量を滴下します

④ 判定時間になったらテストデバイスの判定ラインを確認します

鼻腔からの採取方法が適切にできないと正確な検査ができません。

検体採取と使用方法の参考になる動画リンクを紹介します

新型コロナウイルス抗原検査キット使用方法|Meiji Seika ファルマ株式会社
新型コロナウイルス抗原検査キット使用方法。医療用医薬品、工業用酵素、等の研究開発・製造販売・輸出・輸入等を行う、明治グループの薬品会社、Meiji Seika ファルマのWebサイト。
【ビックカメラ】ロシュ・ダイアグノスティックス提供 SARS CoV 2 ラピッド抗原テストの使用方法を動画でご紹介

検査の注意点

ウイルスの抗原量が増えるまで数日かかるので、発症から

2日以降から7日くらいがウイルス抗原量がピークになるといいます。

発症まもなくでは、ウイルス量が少ない可能性があります。

また、実際に陽性が確認できた場合は、お住いの都道府県の案内に

従って医療機関に相談及び受診してください。

マスク、手洗い、うがい等の防衛も引き続き行おう

ウイルス感染症にかからないのが、最も良いので、引き続き

外出時のマスクの着用と帰宅後のうがい、手洗いを細目に

行いましょう。

エアロゾルの対策で部屋の換気も行いましょう。

そしてワクチン接種も積極的に行いましょう。

普段の心掛けで、ウイルス感染のリスクは、軽減する事ができます。

感染症に罹患しないことが、最も医療機関の負担軽減につながります。

まとめ

これから冬に向けて新型コロナウイルスの感染が拡大する可能性が

懸念されております。

季節型インフルエンザ感染症の同時流行の可能性も高いとされております。

のどの痛みや発熱、咳等の症状が出た場合に抗原定性検査キットでセルフ

チェックできれば、医療機関の負担を軽減でき、感染拡大の増大を防ぐこ

とができます。

抗原定性キットの事前購入する事でより安心した日常生活を送れるかもし

れません。

関連記事リンク

新型コロナウイルスワクチンについて ワクチン接種の意義と注意点について振り返って見る
このブログでは、できるだけわかりやすく科学に興味のある方に役に立ちそうな情報を提供して行こうと思います。今回は医療分野のテーマでお話します。テーマは新型コロナウイルスワクチン接種についてです。国内の新型コロ...
COVID-19ワクチンの現状と課題について、今後どうなる?
COVID-19ワクチンとしてm-RNAが、最も有効利用されている。しかし、副作用や変異株に対する効果等課題も多い。今回は、COVID-19ワクチンの現状と今後について紹介します。...
オミクロン株について! デルタ株との違い 個人で行うコロナウイルス感染症対策について
現在、コロナウイルス感染症、オミクロン株が急増しております。今回、オミクロン株について取り上げます。昨年まで流行していた第5波と今回のオミクロン株の特徴や症状、流行の違いについて触れたいと思います。...

スポンサーサイト

SHO

私のこれまでの仕事や趣味の天文活動で得た専門知識や経験を用いて科学や天文学について、楽しくお話して行こうと思います。よろしくお願いします。

SHOをフォローする
medical
SHOをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました